自治体にって対象年齢が違う「子ども医療費助成制度」

子どもはよく風邪をひいたり、熱をだしたりします。特に乳幼児の場合は、病状の急変なども考えられ、治るまでとても心配です。また、子どもは思わぬケガや病気をしたりすることがあります。もし、入院なんていうことになったら、それこそつきっきりになって家と病院の二重生活になりタイヘンです。そして、さらに医療費の心配が追い打ちをかけます。 乳幼児が医療機関にかかる場合は、乳幼児医療費助成制度があり、医療費はここから支払われます。対象年齢の乳幼児には、住んでいる自治体から乳幼児医療症が発行されるので、これを医療機関で提示すれば医療費の自己負担はなく、無料となります。もしも、入院しなければならなくなった場合でも、通院や検査・手術などの自己負担はありません。この分は保険適用分として自治体が支払うからです。しかし、ベッド代や食事代などは保険適用外となるので自己負担となります。私の子どもが通っていた保育園でも、年に3人から5人ほどが病気やケガで入院をしました。この制度は乳幼児をもつ家庭ではとても心強いものです。 入院に関しては、自治体によって小学生や中学生、高校生でも助成が出るところもあります。これは子ども医療費助成制度といいます。私が住んでいる自治体では、中学生まで入院だけでなく、通院でも適用され、医療費の自己負担がありません。幸い、我が家の子どもたちは医療機関にそれほどかからないので良いのですが、病気がちなお子さんをお持ちの方には非常に助かる制度です。

浮気調査 夫 浮気

訪問マッサージ 平野区 リハビリ

上杉守

動画制作

相模原 レンタカー 格安